毎日教育総研の事業

出版事業

 検定対策用の公式テキスト・問題集を出版しています(発行:毎日教育総合研究所など 発売:毎日新聞出版株式会社)。最新ニュースにも対応できるよう、毎年3月に年度版で発売しています。使いやすさに配慮したテキストは全3種類。「入門編」「基礎編」「発展編」で、それぞれの理解度に応じて使い分けられます。さらに検定試験対策として「問題集」も編集し発売。学校の授業との連動もスムーズで、自学自習にも最適で、「どのように勉強したらよいかわからない」といった不安を解消します。いずれも時事問題に精通したベテラン記者や総研スタッフが編集しており、検定対策以外に、新聞やニュースに接する際の「ガイドブック」としても利用されています。

 中でも学校では、小学校から高校、大学と幅広くご活用いただいており、公民科目の副教材や、小論文・面接対策の時事問題教材など、検定対策とともに入試や就活への対策としての利用ケースが増えています。

検定対策用のテキストと問題集

 また、「大学入学共通テスト」(2020 年度開始)で問われる「思考力・判断力・表現力」を養う問題集も発売しています(発行:毎日教育総合研究所 発売:毎日新聞出版株式会社)。21年1月に実施される大学入学共通テストでは、すべての試験科目で「思考力」を問う出題が予定されています。「思考力を鍛える」では、国語で予定されていた記述式問題や公民科目でのグラフや表の読み取り問題に対応する内容です。共通テストの国語では記述式問題の出題は見送られましたが、国公立大の2次試験や私立大の入試では、確実に記述式問題が増えていきます。「どのように問題を読み解いて記述式回答につなげるか」「対話文や表、グラフの読み取り方はどのようにすれば良いか」に焦点を当てつつ、考えて答えを導く方法を伝授しています。